ジャスト イン スプリエ

K・S・Yの3人による更新となります。タイプの違う3人の怒涛の日々をお送りいたします。

試験内容が不明??経営学検定 中級 合格体験記 by Y

皆様こんにちは、Yです!

 

新型コロナウイルスが流行っておりますね。

 

体調管理には気を付けていきましょう。

 

今回は前回の続きの経営学検定 中級についてです。

 

初級がまだの方はこちらをご参照ください。

何それ!?経営学検定 初級 合格体験記 by Y - ジャスト イン スプリエ

※以下の内容は2020年変更前のものとなります。

 最新の情報と差異がある可能性が御座いますので、ご了承くださいませ。

 

個人的な難易度

★★★☆☆

オススメ度

★★☆☆☆

 

①    試験概要

資格区分:民間資格

試験時間:180分

問題数 :100問 四肢択一(第一分野50問・第二分野50問)

合格基準:6.5割以上(第一分野・第二分野の合計)

足切り :6科目中1科目でも4割未満足があれば足切り

合格率 :50%程度(第一分野・第二分野総合合格)

試験日 :半年に1回程度 6月頃と12月頃 ※年度によって変更有

受験料 :6,800円

受験資格:無

※上記特定非営利活動法人経営能力開発センターおよび一般社団法人日本経営協会参照

※2020年度からCBTへ変更有の様です。

※筆者が受験したのは2018年度の為、内容に差異がある場合がございます。

 

②前提と背景

(1)資格に対するプロフィール

簿記2級

ITパスポート

 

(2)なぜ取得しようと思ったか

経営学に関心があったから

 

②    期間

2か月程度(初級・中級同時受験)

 

③    使用した教材など

経営学検定試験 公式テキスト マネジメント

経営学検定試験 公式テキスト マーケティング/IT経営

経営学検定試験 公式テキスト 人的資源管理/経営法務

経営学検定試験 公式テキスト 経営財務

経営学検定試験 中級 過去問題 公式

 

④    実際受けてみた感想等(難易度・点数)

 

得点

第一分野

  • マネジメント:44点
  • 人的資源管理:26点
  • 経営法務  :10点

第一分野総合:80点

第二分野

第二分野総合:80点

 

総合点数:160点(8割)

 

まず、覚えることが非常に多いです。

このレベルの試験で参考書が5冊(初級含め)というのは多い気がしました。

公式過去問題集を入れると6・7冊となります。

また、科目は6科目、試験制度も足切りがあるなど、まるで診断士試験のようです。

とにかく情報が少なく、公式以外のテキスト・問題集はほとんどありません。

私は結局公式しか使いませんでしたが、勉強方法がつかめなかった点には苦労しました。

基本的に公式テキスト(ほかの試験も同様)は範囲のすべてが網羅的になっているのですが、試験にとってどこが重要かは載っていません。

その為、網羅的にすべてを覚えなければならないため、情報が多い試験(例えば簿記やFP)よりも時間がかかると考えています。

それから合格率ですが、50%は体感では高いように感じました。

抽象的な試験対策しかできない、科目は6科目ある、問題の反復練習ができない割には2人に1人合格していると考えると、高いのではないかというのが私の主観です。

その背景には受験者層にあると思います。

初級受験者の「大学生・院生」の割合は約74%を占めているのに対して、中級受験者では約6%と激減し、受験者の約94%が社会人となっております。

受験者のほとんどが実務経験者であることも、合格率が向上している理由の一つではないかと考えております。

 

 

⑤    その後の役立ち(オススメ度)

 

知識を体系的に勉強できる為、実行できれば活躍の場は多いと思いますが、あくまで「この資格が役に立つ」という機会はあまりありません。

また、この試験は実務との結びつきが強いので、実務経験者におすすめしたい試験です。

仮にこの試験を組織全員が勉強していた場合は、業務のレベルが1ランク以上向上すると思われます。

 診断士に興味がある方にはお試し試験としてはおすすめします。

そうでない方で、業務改善をしたい!という方でなければいらないような気もします。

あと、転職等には役に立たないと思われます。

とはいえ、経営を網羅的に勉強したい方にはお勧めですし、管理職であれば必須資格にしてもよいくらいなので、興味のある方は是非初級から受けてみてください!!